派遣法改正で人材派遣業界の生き残りには“請負のスペシャリスト”育成を

◆請負のスペシャリスト育成が将来を決める

 派遣法が改正され、「登録型派遣は原則禁止」となれば、もう派遣の新規営業はできないのです。とくに“請負ノウハウ”を持たない営業社員や、御用聞きの新規営業社員は仕事が無くなると言ったほうが正しいかも分かりません。
 そして社内ではどんな仕事においても、「この業務はこのように請負化を推進します」と企画や提案できる企業が勝ち残っていくでしょう。今後は、営業社員に対する「請負化推進の基礎教育」と、「最低1名のスペシャリスト」の存在の有無が会社の運営を大きく左右すると言っても過言ではありません。なぜなら、人材派遣には企画や提案力は必要ないのです。派遣先のニーズに近い人を推薦するだけだからです。つまり、営業社員に対して教育投資をしない企業は生き残れないと言うことなのです。

◆スペシャリスト育成

★【請負ビジネスカレッジ】4月開校予定!
 ◆2010年4月~2011年3月(月1回開催)
 ◆1年コース、先着10社限定募集。
 ◆受講地は「東京・名古屋・大阪」よりご希望地をお選びください。
 ◆特別講師:木村大樹氏
  (現国際産業労働調査研究センター代表)
  【木村大樹氏プロフィール】
  http://www.os-g.co.jp/seminar/spk_kimura/
 講師:弊社(株式会社OS総研代表取締役)
 ※尚、詳細は http://www.os-g.co.jp/seminar/ をご参照ください。
  お申込みは http://www.os-g.co.jp/seminar/college.pdf よりお願い致します。

◆営業社員育成

 「派遣会社様の社員研修」については随時受付しておりますので、こちらのURL http://www.os-g.co.jp/osc/ukeoika/taisaku.html をご参照のうえ、どうぞお申込みください。