人材派遣 自由化業務は“請負化”へ

◆自由化業務は“派遣”から“請負化”へ

 人材派遣業界の中で大部分を占めるのは“自由化業務”です。しかし、今の派遣法では“抵触日”が存在しているのです。派遣先企業でも「抵触日は製造業だけじゃないの?」と質問をされるケースもあるくらいで、“抵触日”に無頓着な派遣先企業が多いのも現実なのです。また、3年間働いているがために“戦力化”してしまっているのも要因のひとつと言えるでしょう。普通ならそこで“直接雇用”に移行となるのですが、現在は“金融不況”によるリストラ中の企業が多いため、「リストラ中に“直接雇用”なんてあり得ない」と言われるのがナマの声なのです。残された選択肢は、“請負化”以外に無いのです。“請負”を正しく理解すれば、大半の業務の請負化は可能となるのです。派遣先企業と派遣元企業の両者共に“請負化”への選択を模索されてはいかがでしょうか。

★7月度『請負化推進セミナー』開催のご案内

【開催日・会場】
◆7月27日(火)【名古屋】
 「Time Office名駅」
  (名古屋駅より徒歩約4分)
◆7月29日(木)【大 阪】
 「新大阪トラストタワー」
  (大阪駅より徒歩約5分)
◆8月 5日(木)【東 京】
 「八重洲ダイビル」
  (東京駅より徒歩約5分)
【詳細内容・お申込み】
●詳細は、
 URL http://www.os-g.co.jp/seminar/
●お申込みは、
 URL http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_1007.pdf