厚生労働省 労働局による「請負」立入監査は実態調査

◆全国労働局の立入監査は実態調査

 請負先企業は“請負化”した後の立入監査を回避したいという考えから、請負化が進展していないのが現状です。しかしながら、所謂「2009年問題」となった“抵触日対応”で請負化に踏みきった企業も少なくありません。ただ、現状は“偽装請負”と言わざるを得ない内容が多いことは事実です。なぜなら、その内容は実態を重視せず、形式的(書類上の請負化)に過ぎないからです。これでは労働局の監査には耐えられる筈がありません。「抵触日対応」と称して書類上の請負化が横行している実態は、あまりにも危険な行為と断言します。早急に適正な“請負化推進”を行わなければ、大変な事態を招くことを覚悟しておいてください。今からでも遅くはありません。早期改善を望むばかりです。労働局の監査は、書類ではなく“実態調査”ということを再認識して臨んでください。

◆“請負を正しく理解”すれば請負は難しくない

 「請負」を正しく理解すれば、請負化推進は難しくありません。もし「請負」に対して曖昧な知識で不安を抱いているのであれば、弊社主催の『請負化推進セミナー』で正しい理解をされることをお勧め致します。

【ご案内】

★『請負化推進セミナー』開催のご案内
 同セミナーの「開催日」及び「開催場所」は下記のとおりです。
◇【名古屋】5/18(火)
 「Time Office名駅(タイムオフィス)」(名古屋市中村区名駅)
◇【大 阪】5/20(木)
 「新大阪トラストタワー」(大阪市淀川区宮原)
◇【東 京】5/26(水)
 「八重洲ダイビル」(東京都中央区京橋)
●詳細情報は下記URLをご覧ください。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/
●セミナーのお申込みは、下記URLよりお願い致します。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_caravan02.pdf

【ご案内】

“4月より完全無料化”した営業マッチングサイトです。各企業様ご自由にご登録のうえ、ご活用ください!
◆総合検索サイト『人事総務部』(ご登録要、★無料)
 http://www.jinjisoumubu.jp/