「請負化推進」は双方の請負に対する共通理解が不可欠

◆派遣先と派遣元の共通理解が「請負化」への近道

 派遣先が「派遣元は請負提案ができないから」とか、「派遣元は請負化に難色を示している」等と言われるのは、最近の現状を象徴しています。
 第三者から見れば、問題点はひとつです。それは、双方とも「適正な請負」ができていない証です。「請負」と言えば、”出来高契約”とか”賃貸契約”や”部材の買取り”等々、派遣先・派遣元の両者共に「請負は難しい」と逃げているに過ぎません。まして、”出来高が請負である”とは法律でも告示でも誰も言っていないにも係らず、まるで請負の定義のように語られています。正しい請負の理解ができれば、「請負化」に簡単に切り替えられるのです。

★派遣先と派遣元のための”請負化推進セミナー“開催のご案内

 ◆【3月10日(水)】13:30~15:30・・大 阪(会場)
 ◆【3月16日(火)】13:30~15:30・・東 京(会場)
 ◆【3月24日(水)】13:30~15:30・・名古屋(会場)
 ※詳細情報は下記URLをご覧ください。
  http://www.os-g.co.jp/seminar/
 ※セミナーのお申込みは、下記URLよりお願い致します。
  http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_1003.pdf