派遣先企業の構造改革に不可欠な“請負化による生産性向上”

◆円高対応で不可欠な“構造改革によるコストダウン”

 「請負」の最大メリットは、“生産性向上によるコスト削減”にあるのです。しかしながら、派遣先企業は抵触日対応対応で請負化を推進しているに過ぎません。それは、「請負の最大メリット」が活かされていない点で、大きな乖離があると言えます。

◆「コストダウン」の好機を見逃すな

 超円高によりコストダウンが求められている企業には、「抵触日対応」ではなく、本来の“コスト削減を追求した請負化”を望みたいものです。

★平成23年(2011年)11月度:第15回『請負化推進セミナー』開催のご案内

【開催日時・会場】
◆11月22日(火)【大 阪】ネット・カンファレンス大阪
 (ニッセイ新大阪ビル:新大阪駅より徒歩約5分)
◆11月25日(金)【名古屋】名古屋会議室 プライムセントラルタワー名古屋駅前店
 (名古屋プライムセントラルタワー:名古屋駅より徒歩約5分)
◆11月29日(火)【東 京】八重洲ダイビル貸会議室
 (八重洲ダイビル:東京駅より徒歩約5分)
【詳細・お申込み】下記URLよりご覧ください。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/