企業が正しい請負知識で発注できれば「請負」は適正化される

◆発注者で決まる“請負の適正化”

 「派遣契約」を「請負契約」に切り替える時点で、発注者の“正しい請負知識の不足”が「偽装請負」を生み出しているのです。なぜなら、切替え後の当該契約の根底が、派遣の延長で労務費とイコールになりがちだからです。

◆正しい請負に求められるのは“積算”

 請負会社に求められるのは、「正しい単価を積算できる請負会社」であることなのです。積算できない請負会社に「正しい請負」ができる筈がありません。請負会社には、正しい積算ノウハウを修得していただきたいものです。

★平成23年(2011年)11月度:第15回『請負化推進セミナー』開催のご案内

【開催日時・会場】
◆11月22日(火)【大 阪】ネット・カンファレンス大阪
 (ニッセイ新大阪ビル:新大阪駅より徒歩約5分)
◆11月25日(金)【名古屋】名古屋会議室 プライムセントラルタワー名古屋駅前店
 (名古屋プライムセントラルタワー:名古屋駅より徒歩約5分)
◆11月29日(火)【東 京】八重洲ダイビル貸会議室
 (八重洲ダイビル:東京駅より徒歩約5分)
【詳細・お申込み】下記URLよりご覧ください。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/