《提言》厚生労働省に望むのは「正社員と非正規の有効求人数(倍率)」が重要では?

◆詳細を公表しない厚生労働省(労働局)発表に意味があるのか?

 2013年になり、政府や厚生労働省による「有効求人数(有効求人倍率)」好転の発表が数多く聞かれます。果たして、政府や厚生労働省は、その実態を分析して公表しているのでしょうか?新規求人の大半は、非正規労働者の求人であることを理解しているのでしょうか?それとも、政府は「非正規労働者」を増加させたいのでしょうか?厚生労働省(ハローワーク)は、求人に期間の定めがあるか否かのデータを保有している筈です。政府として、現実の雇用情勢をきちんと理解して、厚生労働省に発表させるべきではないでしょうか。