国民新党は社民党と同様に連立政権を離脱せよ!

◆存在感を顕示したいなら国民新党は連立離脱を

 “郵政改革”を武器に唯一存在感を示してきた国民新党は、なぜ組閣段階で連立政権に残ったのか意味がわかりません。参議院選挙が終われば“不要となる国民新党”になるのは見え見えなのです。それでも連立政権に残った国民新党は、“社民党”より軟弱であったと言えます。国民新党は、“コバンザメ政党”から脱却して新の政党を目指すべきです。そして、“社民党”を見習うべきです。