《提言》2013年 人材派遣業界の今後を決めるのは派遣法の再改正ではなく派遣料金の値上げ(派遣料金の適正化)“派遣料金の値上げ(適正化)キャンペーン”を!

◆全国請負化推進協議会が業界団体及び人材派遣会社に対し“派遣料金の適正化”を提言

 社団法人全国請負化推進協議会の代表理事が、人材派遣の業界団体や人材派遣会社に対して、“派遣料金の適正化(値上げ)”を提言。人材派遣業界は、『改正労働者派遣法』の施行によって業界が低迷していると、勘違いをしているのです。それ故に、派遣法の再改正を求めているのです。そのうえ、「派遣労働者に見捨てられた(派遣離れ)ことによる低迷の現実」に対し、自覚がないのには閉口します。人材派遣は、「働いてくれる労働者の存在があって初めて成立するビジネス」なのです。まさに、労働者を蔑ろにしてきたツケなのです。今こそ、業界団体や人材派遣会社は、派遣で働く労働者の待遇改善を目指して、“派遣料金の値上げ(適正化)”を実現していただきたいのです。

【ご参照】

●『月刊人材ビジネス7月号』掲載記事
 My Opinion「【提言】:PDF」をご参照ください。