《提言》求められる「社員インターン制度」が労働移動を推進する

◆離職なき労働移動を

 2013年は、成熟産業から成長産業への労働移動が不可欠なのです。従来のような「 離職⇒失業⇒再就職 」ではなく、「休職(社員インターン)⇒再就職」への移行で、失業状態を作らない制度です。離職しても失業状態しない為に、在職状態で労働移転を進めるのです。それにより、「社員インターン」を受け入れた企業には、助成金を支給して支援していくのです。「離職⇒失業⇒再就職」から「社員インターン⇒再就職」にスムースに移行することで、“失業なき労働移転”を行う政策が求められているのではないでしょうか。