安倍政権による「女性の社会進出」の本音は“専業主婦の厚生年金第3号”と言うべきでは

◆専業主婦の“厚生年金第3号の廃止”

 安倍政権による「女性の社会進出」の後押しは、専業主婦の厚生年金の第3号にあるのです。なぜなら、第3号は専業主婦が対象となり、本人負担がない為に、年金財政を圧迫している大きな要因になっているからです。「女性の社会進出」により、働く女性が増加すれば、それだけ年金財政が改善するからです。

◆わかりやすく「第3号」を配信すべきでは

 「厚生年金の第3号被保険者」の廃止を、まずは論議すべきなのです。「第3号被保険者(専業主婦)」の労働を制限(パートタイマー)としていることが、国内の労働力不足や経済成長、そして年金財政を圧迫しているという事実を正面から受け止めていただきたいのです。