《提言》2013年 人材派遣業界は「派遣社員への教育訓練」よりも「派遣労働者の賃上げ」努力が必要では

◆人材派遣業界の今後の生き残りを決める「教育訓練」

 2013年の人材派遣業界は、今後の生き残りを決定する重要な年になるのです。なぜなら、人材派遣業界は、今や派遣社員から見放されているからです。言うまでもなく、人材派遣は労働者の存在があって初めて成り立つものです。この大前提を、人材派遣会社には改めて理解していただきたいのです。

◆求められる「社員教育」

 人材派遣業界が生き残っていくためには、「直接雇用」との差別化が求められているのです。それには、“社員教育(教育訓練)”が不可欠なのです。「人材派遣会社で働けば、教育訓練を受けられる」という新しい文化が求められているのではないでしょうか。

◆教育訓練で“派遣料金アップ”を

 教育訓練の実施で、人材派遣会社は“派遣料金の値上げ”と派遣社員の賃金アップを図るべきと考えます。そして、「教育訓練」の実施による生き残りを目指していただきたいのです。