《提言》2013年 人材派遣業界に望むのは“派遣料金の5%値上げキャンペーン”の実施

◆人材派遣業界の生き残りを懸けた“5%値上げキャンペーン”

 2013年の人材派遣業界は、既存の業界団体を含め、業界全体で値上げを実施していただきたいのです。と言うのも、デフレ経済により、正社員以上にそのシワ寄せを受けたのは「人材派遣業界」であり、「派遣社員」だからです。アベノミクスによる「円安」の影響で、輸出企業が元気を回復し、昇給や一時金の増額が話題になっています。しかしながら、派遣社員は、依然として“低賃金・不安定”のままです。つまり、その影響で、正社員の賃金アップには焦点が当てられていますが、反面、人材派遣業界で働きたい労働者はいなくなってしまったのです。そこで、人材派遣業界は、派遣社員の賃金アップの為に、派遣料金の値上げをし、もう一度魅力ある業界にしていただきたいです。その実現の為には、まずは「5%」、そして3年間で「10%~20%」の値上げを実施し、派遣社員の賃上げに繋げていただくことを切望するのです。