“雇用拡大減税”は“内需拡大”と“雇用安定化”を実現

◆金融不況脱却には“雇用”と“経済”の両立が不可欠

 金融不況による円高で、国内の製造業は海外移転計画で実施に動き出しています。それは、派遣法改正案の「製造派遣の原則禁止」も大きな要因でしょう。今の“経済政策”は“法人税の減税”に集中しているのが現状で、将来的にも国際競争力の観点から、法人税減税は不可欠なものです。しかし、財政事情を考慮すれば、「世界標準」までの削減は厳しいのも現実なのです。

◆“雇用拡大減税”導入を

 国内の雇用拡大による経済効果は、誰が考えても最大のテーマです。現在の未就職者を雇用拡大により救済し、そして“内需拡大”を図ることが必要です。減税額は1名につき100万円程度とし、“法人税”の減税にて対応していくのです。1,000名ならば、10億円の減税額になります。“雇用”と“経済”の両立の政策は、国内の製造業に雇用の大きな効果となって返ってくるものと考えます。また、新たな産業、サービス業の支援、医療や介護にも大きな成果を上げていくことになるでしょう。

【ご案内】

★『派遣法改正をビジネスチャンスにするセミナー』開催のご案内
・講師:【木村大樹氏プロフィール】
 URL http://www.os-g.co.jp/seminar/spk_kimura/
・当「セミナー詳細」及び「お申込み」は、下記URLよりお願い致します。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/seminar_1006_2.pdf