《提言》人材派遣業界の成長に不可欠な“社会(労働者)からの認知”

◆人材派遣業界団体は労働者保護の制度化を

 人材派遣業界においては、自社の保身に必死で、一番重要なことが忘れられています。それは“人材”なのです。人材派遣業界で働きたいという“環境造り”が必要なのです。なぜなら、働く人がいない人材派遣では、成り立たないからです。労働者が人材派遣業界から去っていった事由を正しく分析した上で、労働者から人材派遣業界で働きたいと言われるような環境を造り、社会に認知されることが求められるのです。一日でも早く、人材派遣業界は“働く魅力のある業界”に成長していただきたいものです。それが即ち、業界の生き残り策であると理解していただきたいのです。