労働者派遣法改正 政権交代 人事総務部ブログアクセス急増!

◆人事総務部ブログのアクセス急増!
 弊社運営の当ブログのアクセスが急増(アクセス数:前月比約140%、PV:前月比約170%)しています。これは、東京都議会議員選挙(7/12)結果の影響を受け、今まさに“政権交代”に現実味が帯び、現野党の労働者派遣法改正案(6/26衆院提出)の影響も小さくないものと思います。
◆当ブログへのアクセス企業の動向
 当ブログへのアクセス企業は、東証第一部上場の企業グループに集中しているのは注目します。これは、派遣法改正(案)による影響は大きく、今後の企業運営に大きな影響を与えるためと予測しています。
◆総選挙で大きく変わる「改正労働者派遣法」
 次期総選挙で一番大きく社会を変えるのは、労働者派遣法改正です。政権交代で現行の派遣法が改正されれば、昨夏の派遣労働者約500万人は50万人以下になるものと予測します。派遣制度自体を“悪人扱い”し、本質の論議が消えていることに危機感を覚えます。本質は、派遣法改正より“雇用対策”と“賃金格差”であり、「労働者の雇用や格差」を最重要課題として争って欲しいものです。