2013年9月 厚生労働省(労働基準監督署)が“ブラック企業”の一斉実態調査へ

◆9月に集中的監督指導

 厚生労働省は、若者の「使い捨て」が疑われる企業、所謂、残業やパワハラなど労働環境が悪い「ブラック企業」等が社会で大きな問題となっていることを受け、この9月を「過重労働重点監督月間」として、集中的に監督指導等を実施します。主な取組事項は、下記の3点です。
【主な取り組み事項】
 ●長時間労働の抑制に向けて、集中的な取組を行う
 ●相談にしっかり対応する(9月1日に全国一斉の電話相談を実施) ・FD:0120-794-713(9/1限定)
 ●職場のパワーハラスメントの予防・解決を推進する(一層の周知啓発の徹底)
【ご参照】
◆厚生労働省労働基準局公表資料(2013/8/8日付)
 URL  http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000014881.pdf