2013年“人手不足(人材確保)に苦しむ人材派遣業界”の要因はどこにあるのか

◆派遣労働者に見捨てられた派遣業界

 2013年になって、人材派遣業界は人材確保に四苦八苦しています。実際、人材派遣業界は、「応募者が来ない」とか「求人を出しても問い合わせもない」等と嘆いている現状です。“労働者の派遣離れ”の深刻さを、まだ理解できていない証と言えます。かつてのリーマン・ショックにより、派遣は労働者の選択肢ではなくなってしまったのです。この事実に、人材派遣業界は早く気づいていただきたいのです。

◆業界に期待するのは“魅力ある人材派遣業界の構築”

 人材派遣業界は、“労働者にとっていかに魅力ある業界にすべきか”を考えていただきたいのです。これが実行されない限り人材派遣業界の浮上はなく、更に縮小する事態になるものと懸念します。