長引く「デフレ」で拡大した“サービス残業”はアベノミクスと共に表面化

◆景気回復で表面化する「サービス残業(残業不払い)」

 2013年、アベノミクスによる「円安」により、景気が回復しつつあります。しかしながら、企業は長引く「デフレ」で、労働者に“サービス残業”を強いて生き残ってきたのです。それが今は、企業の業績回復で、我慢を強いられていた労働者が動き出してきているのです。長過ぎた“サービス残業のツケ”が、企業の業績回復によって表面化してくるのです。企業にとっては、これまで労働者に強いてきた“我慢の緩和”のタイミングが重要になるのです。早めの緩和で、労働者の不満を抑制していただきたいのです。