「提言型政策仕分け」を実施するよりも先ずは“公務員優遇解消”から

◆「提言型政策仕分け」よりも先ずは自らを正すべきでは

 政府の行政刷新会議で、「提言型政策仕分け」が実施されました。しかしながら、その内容には異議があります。と言うのも、例えば、民間企業で業績不振に陥れば、先ずは企業内部の見直しからスタートするのです。自らを律してから臨むのが正しいあり方ではないでしょうか。

◆公務員の俸給、各種手当等

 まずは、公務員の俸給や各種手当、退職金や共済年金に手をつけなければ、国民の指示を得られる訳がありません。望まれるのは、公務員政策の仕分けではないでしょうか。