民主党政権は人手不足に悩む製造業を支援すべき

◆人手不足に苦しむ「製造業」の支援を

 国内経済の雇用情勢において、製造業は大きなウェイトを占めています。その製造業は、今、人手不足に喘いでいるのです。製造業に対して国内での生産を要望し、雇用の受け皿と期待していながら、製造業が人手不足に苦しんでいる時に、政府が何の支援もしないのでは、企業から見切りをつけられても仕方ないと言うしかありません。

◆政府の「雇用対策」こそ後方支援

 今、国内の雇用情勢は最悪の状態が続いています。急増した「生活保護者」や「基金訓練者」、そして「失業保険受給者」がいるのです。彼らを労働者として活用できる政策こそ、製造業に対する支援となるのです。でなければ、失業率の高い日本において、更に雇用先を失うことになるのです。