★あなたも「宇宙旅行」を実現されますか

◆“宇宙港”の誕生!

 「宇宙駅」か「宇宙空港」と言うべきなのかわかりませんが、過日、“宇宙港(「スペースポート・アメリカ」:米国)が誕生(11/10/17:落成式)”したとのTV報道がありました。
 当該空港は、ターミナルビルと約3,000m滑走路を擁しており、宇宙船に乗って(約2時間)“宇宙空間の飛行(約4分間)”が可能となったのです。因みに、飛行料金は20万ドル(約1,540万円)です。TV報道では、乗船を申込んだ日本人青年らが紹介されましたが、すでに《世界では450人以上(うち日本人:12人)が申込んだ》とのことです。

◆宇宙飛行した「写真」

 宇宙飛行の話に因み、ここで唐突にカミングアウトしますと、「国際宇宙年」記念行事の一環で、“私の顔写真が宇宙飛行(約6分間)した”経験があります。いささか旧い話で恐縮ですが、今から丁度19年前のことです。冗談と思われるかもしれませんが、当時の宇宙開発事業団(現・独立行政法人「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」)から、『国際宇宙年記念・宇宙飛行公式認定証』を発行いただきました。
 蛇足ながら、当該証には、(1)使用されたロケット名、(2)打ち上げ場所(種子島宇宙センター:鹿児島県)・日時、(3)承認番号、(4)本人自署が記載され、“宇宙飛行公式搭載品”であることが証明されています。これは私の宝物のひとつですが、残念ながら、私自身が宇宙飛行した訳ではありませんので、“実感の無い”思い出に過ぎません。冒頭でご紹介した“宇宙港”の誕生を機に、ブログ読者の皆様も“宇宙飛行”への思いを馳せてみられてはいかがでしょうか。