『現代実務労働法-働き方 働かせ方のルール』高梨昌監修・木村大樹著 書籍のご案内

【書籍のご案内】

◆『現代実務労働法-働き方 働かせ方のルール』
 高梨昌監修・木村大樹著(エイデル研究所)
 A5版879頁、定価:9,048円+消費税=価格:9,500円。

【書籍の特長】

 働き方の多様化と共に、労働のルール自体の内容が複雑化してきた現在、広い範囲について規制が行われるようになり、対応が難しくなってきました。そこで、労働問題への適切な対応をするために、法的な側面から、かつ実務に役立つように分かりやすく執筆・編集されたのが本書です。働く人たちが安心して働ける環境づくりに役立てることを目的としています。

【コメント】

 本書は、「高梨 昌」氏(現信州大学名誉教授)の監修で、旧労働省(現厚生労働省)の「木村 大樹」氏(現国際産業労働調査研究センター代表)の著書です。両氏共に「労働者派遣法」制定に直接携わられた重鎮です。本書副題のとり、“働き方 働かせ方のルール”について詳細な解説がされています。人材派遣や請負に携わる会社様は勿論のこと、派遣や請負をご利用の企業様も座右に常備したい1冊です。

【当ブログお奨め度】・・・★★★★★

現代実務労働法―働き方 働かせ方のルール