『業務請負・労働者派遣の安全衛生管理』木村大樹著 書籍のご案内

【書籍のご案内】
『業務請負・労働者派遣の安全衛生管理』木村大樹著
H20/1/18第1版第1刷発行(中央労働災害防止協会) 定価:2,100円(税込)
【書籍の特長】
 偽装請負が社会問題の一つとして取り上げられる今日、職場の安全や健康を適正に確保するため、職場の安全や労働衛生の管理に関し留意すべき事項を主として法律的な視点から解説された書です。
【コメント】
 本書は、元労働省(現厚生労働省)の木村大樹氏(現国際産業労働調査研究センター代表)の著です。内容は、中央労働災害防止協会調査研究委員会が実施した「製造業務における派遣労働者に係る安全衛生の実態に関する調査」に基づき、アンケート調査及びヒアリング調査結果が盛り込まれていますので実態を把握することができます。また、各章ごとに根拠となる条文等の詳細が掲載されていますので大変参考になります。人材派遣や請負に携わる会社様は勿論のこと、派遣や請負をご利用の企業様も常備されれば、必ずお役に立つ一冊です。
詳細はこちらからご覧ください。
業務請負・労働者派遣の安全衛生管理
【当ブログお奨め度】・・・★★★★★
【ご参考】主な見出し等は、下記のとおりです。
第1章 請負業務と労働者派遣にかかる問題
第2章 製造業における業務請負・労働者派遣の受入れの実情
第3章 製造業務の業務請負・労働者派遣における安全衛生管理の実情
第4章 業務請負労働者の安全衛生管理
第5章 派遣労働者の安全衛生管理
参考資料
(資料1)労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(昭和61年労働省告示37号)(抄)
(資料2)製造業務についての判断のための細目
(資料3)造船業を除く製造業における元方事業者による総合的な安全衛生管理のための指針(抄)
(資料4)派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針(抄)
(資料5)派遣先が講ずべき措置に冠する指針(抄)
(資料6)請負・労働者派遣関連の安全配慮義務に関する裁判例