書籍ご案内 『派遣鳴動 改正派遣法で官製派遣切りが始まる。』

【書籍のご案内】

◆『派遣鳴動 改正派遣法で官製派遣切りが始まる。』
・著者:出井智将(デイ トモマサ)氏
・発行:株式会社日経BPコンサルティング
 (単行本(ソフトカバー):246ページ、2009/5/31発行)
・発売:日経BP出版センター
・定価:1,680円(税込み)

【書籍の特長】

 本書の「目次」は、以下のとおりです。
◆第1章 働く世界に何が起こっているか   
◆第2章 これでいいのか?派遣法改正
◆第3章 私の体験から「働き方」を検証する
◆第4章 雇用をめぐる虚と実のドラマ
◆第5章 新しい働き方を求めて

【コメント】

 著者の出井智将氏は、各種業務請負業を専門とする「ヒューコムエンジニアリング株式会社」の代表取締役社長です。現役の経営者である著者は“社長の愚痴ログ『雇用維新』”のブロガーでもあり、本書はそのブログを素材として構成・執筆されています。因みに、社名の「HUCOM(造語:Human Communication)」は“人との交流を大切にしたい”という想いを社是とし、各種業務請負を通じて“人”を育てられる企業を志向されています。
【当ブログお奨め度】★★★
派遣鳴動 改正派遣法で官製派遣切りが始まる。