2013年の社会情勢 派遣法改正により常態化した“大手企業の派遣離れ”

◆大手企業の派遣離れが常態化

 2013年になり、アベノミクスの影響で景気回復の兆しが見えてきています。そして、輸出産業を中心として人材確保に動いています。しかし、その内容は「派遣」ではなく、「直接雇用の契約社員」なのです。大手企業は、確実に“派遣離れ”をしている現実があるのです。それは、「求人」が物語っています。

◆「派遣」は拒否、「請負」は歓迎

 派遣法改正により、大手企業は、派遣の問題点を理解しているからです。と言うのも、『改正労働者派遣法』は、単に派遣法の改正に留まるものでなく、“派遣労働者の保護法”であることを承知しているからです。これが、大手企業が“派遣と断絶”した証なのです。

◆求められる「請負ノウハウ」

 今、人材派遣会社に求められているのは「人材派遣」ではなく、“請負ノウハウ”であること理解していただきたいのです。

◆社団法人全国請負化推進協議会

 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-28-3 OA第1ビル3F
 TEL:052-526-0311 FAX:052-588-9931
 E-mail:jimukyoku@ukeoi.jp
 URL :http://www.ukeoi.jp