国内の雇用安定化には「製造業の国内雇用」を残す政策を

◆国内の雇用安定化政策は不可能

 中国経済に牽引される形で、製造業を含めた国内産業が拡大し始めてきていますが、製造業にとっては、“国内生産におけるコストパフォーマンス”が現在の最大テーマです。また、派遣法改正で「製造派遣の原則禁止」となれば尚更です。製造業の国内空洞化を食い止めなければなりません。立ち直りつつあるわが国内経済状況下で、先ずは“雇用を安定化”させ、国民に安心感を与える政策をして欲しいものです。その後に“格差是正”と確実な政策が期待されます。

【ご参照】

●当ブログ記事(10/6/4日付)
 :『“雇用拡大減税”は“内需拡大”と“雇用安定化”を実現』
●当ブログ記事(09/2/12日付)
 :『雇用創出プラン(福祉雇用)の提言』