“新卒未就職者”救済が政府や自治体に求められている

◆就職支援は教育ではない

 就職支援は教育ではありません。“実地体験”が最大の雇用対策になるのです。企業にとっては、人を見て採用を決めていくための制度が求められているのです。政府や自治体には、“新しい雇用創出プラン”が求められてきています。

【ご参照】

●当ブログ記事(09/2/12日付)
 :『雇用創出プラン(福祉雇用)の提言』
●当ブログ記事(09/12/1日付)
 :『就活 「新卒インターン制度」導入で民主党は一括救済を』
●当ブログ記事(10/3/15日付)
 :『民主党も自民党も“政治とカネ”や“普天間”より新卒者の雇用対策を』