民主党とマスコミが生み出した「製造業の人手不足」をどう解消するのか

◆製造業バッシングが「人手不足の要因」に

 製造業の人手不足は、極めて厳しい状態になってきています。その要因は、民主党政権やマスコミのバッシングにあります。金融不況という海外問題に対し、止むに止まれず期間従業員や派遣社員を「雇止め」したのですが、それに対して“期間工切り”とか“派遣切り”等と大騒ぎされたことで、“労働者の製造業離れ”が際立ってきたのです。従前は“雇用の受け皿”と言っていたにも関わらず、です。異常なまでのマスコミ報道は、反省していただきたいものです。また、民主党政権は製造業を「雇用の受け皿」として、流動化を促進させていただきたいと思います。