マスコミによる「元派遣社員」等の“差別的表現”は改めるべき

◆「元派遣社員」は差別では

 マスメディアの報道で、しばしば「元派遣社員」という表現を耳にします。当該表現は、“差別”扱いではないでしょうか。視聴者側からすると、非正規労働者の派遣社員だったから、犯罪や事件を起こしても当然という風潮を作り上げているように思えてなりません。就職難で正社員の仕事に従事できず、泣く泣く「派遣」という働き方をしている人も数多くいるのです。それどころか、「正社員募集」において、「派遣社員経験者は採用をしない」という企業まで出てきている始末です。「派遣」に従事した労働者は、知らないうちに“職業差別”を受けている現実を、マスコミにはもっと理解していただきたいと思います。