製造業の海外進出(海外移転)要因は“人手不足”

◆海外進出要因は「円高」だけではない

 “製造業の海外移転”が問題視されています。主要因は「円高」であり、“人件費削減”のためです。その中に“人手不足”があるのです。労働力の確保が難しく、企業は海外流出しているのです。これまで国内製造業が発展成長してきたのは、質の高い労働力が支えてきたことは明らかです。その安定した労働力を確保できない国では、“安定したモノづくり”は維持できないのです。政府には、製造業に対する安定した労働力確保に向けた政策を望むばかりです。