賃金格差によるコストメリットから「生産性によるコストメリット」に意識変革を

◆派遣先企業が目指す「コスト削減」は

 派遣先企業が「外部人材」を活用する最大のメリットは、まさに“コストダウン”にあるのです。しかしながら、そのメリットは最大限に活かされているとは言えません。なぜなら、目先の賃金格差で満足しているからです。賃金格差によるコストダウンでは、自ずと限界があるのです。これまで日本経済は生産性向上によって成長してきたにも関わらず、目先の賃金格差によるコスト削減では、世界競争に勝てる訳がありません。国内企業は、今一度“生産性向上”に注力していただきたいと思います。