求職者問題より厚生労働省や労働局の都合で「ハローワークの求人」が増えない

◆人材派遣業界に対する差別

 「ハローワーク」は、人材派遣会社の新規求人の受付に対して厳しい対応をしています。一般企業の新規求人提出は無審査で受付けるのに対し、人材派遣会社の新規求人に際しては「個別契約書」の提出を求められるのです。また、ハローワークは、派遣契約の新規求人を受付した企業に対し、ハローワークが「直接雇用」を依頼しているのです。その為、人材派遣会社は派遣先企業からハローワークへの求人票提出を禁止しているケースもあるのです。派遣会社はさておいても、派遣で働きたいと考えている求職者の為になっているとは到底言えない現状なのです。求職者の為の行政機関であって欲しいものです。