政府や厚生労働省は「年金改革」の前に“年金格差是正”をすべきでは

◆“年金格差是正”が「年金改革」の第一歩

 政府や厚生労働省は、「年金改革」を推進しています。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。「年金改革」よりも前に、“年金格差是正”に臨むべきではないのでしょうか。即ち、「共済年金」と「厚生年金」の格差是正は喫緊の課題です。そして、「共済年金」を「厚生年金」同様に計算し、その差額を公表していただきたいのです。その次に、「厚生年金」と「国民年金」です。国民年金は主婦も加入し、年金を支払っているのです。しかしながら、厚生年金や共済年金は、負担をしない(第3号)があるのです。約2000万人以上の第3号に支払を義務化するだけで、年間約5兆円の原資ができるのです。

◆国内の経済成長に「3号」を労働者に

 今、国内の労働市場は“人手不足”に陥っています。労働意欲を低下させる政策を改め、年間103万円未満という“給与所得控除と第3号の廃止”を検討していただきたいものです。