緊急雇用対策本部 ハローワークのワンストップ・サービスより雇用創出

◆セーフティネットは所詮一時しのぎ

 民主党は緊急雇用対策本部を立上げ(10/16)、ハローワークで“ワンストップ・サービス”をスタート(11/30)させましたが、求職者からみれば“仕事の紹介を”が生の声です。「住まい」や「つなぎ融資」も重要ですが、一番は仕事なのです。昨年の「派遣村」対応としてのワンストップ・サービスでは、一時しのぎのパフォーマンスでしかないのです。

◆雇用創出対策が最優先

 緊急雇用対策本部は来春の新卒者への対応と合わせ、国内の雇用問題に全力をあげるべきです。その対応なくして、ワンストップ・サービスでは情けないの一言です。林業や農業・漁業の第一次産業や医療介護とその分野の雇用対策を次から次へと打ち出し、実践してこそ真の緊急雇用対策本部の姿と言えます。
【ご参照】当ブログの「雇用創出プラン」
●当ブログ記事(09/12/2日付)
 :『新政権は“製造業の業務請負”を「第2.5次」産業として認定し雇用の安定化を』
●当ブログ記事(09/12/1日付)
 :『就活 「新卒インターン制度」導入で民主党は一括救済を』
●当ブログ記事(09/2/12日付)
 :『雇用創出プラン(福祉雇用)の提言』