民主党 労働者派遣法の改正論議 本筋は“雇用形態”

◆民主党は労働者派遣法について本質の論議を
 民主党は派遣法改正論議について、単に“製造派遣の原則禁止”や“短期派遣の禁止”で決着をつけるのであれば、素人行政と言わざるを得ません。昨年来の「派遣切り(非正規切り)」で、“派遣=悪”の法改正ではあまりにも情けない政治です。これが民主党の政策では先が思いやられます。
 派遣の一番の問題点は“雇用形態”にあるのです。政治家もマスコミもその論議は皆無です。ある意味、「派遣社員」とイコールなのは自動車会社等の“期間工”も同質です。同じ期間契約の社員だからです。本質の論議をするならば、「期間契約の雇用」を論議すべきです。つまり、期間社員として雇用されるのと、“製造派遣”や“短期派遣”されるのとではどちらが不安定雇用になると思いますか?マスコミに扇動されること無く本質の論議を期待します。