2018年 中小企業の注目は「無期転換ルール」そして大企業の注目は「同一労働同一賃金」

◆大企業の注目は2019年4月の「同一労働同一賃金」

 2018年の労働環境の変化に伴い、中小企業と大企業には大きな温度差が表れてきています。即ち、中小企業は、『改正労働契約法』に基づく「無期転換ルール」に注目しており、一方、大企業は、政府が2019年4月の施行を目指している「同一労働同一賃金」に注目しているのです。果たして、賃金格差が大きい大企業においては、「同一労働同一賃金」の法制化の影響が物語っているのです。

◆2018年3月『第37回 請負化推進セミナー』開催のご案内

【テーマ】
(1)激変する労働環境
 ・無期転換ルール/雇用安定措置/特定派遣/同一労働同一賃金の法制化/新たな人材確保
(2)厚生労働省(労働局)の動向
 ・「無期雇用化」を推進する厚生労働省/厳格化する「行政指導」
(3)適正な請負化のポイント
 ・厚生労働省(労働局)が教えてくれない「請負」
(4)まとめ
【時 間】14:00~16:00(各会場共通) 受付は13:30より。
【日程・開催地・会場】
◇3月14日(水)【東 京】東京国際フォーラム
◇3月16日(金)【大 阪】梅田センタービル
◇3月20日(火)【名古屋】名古屋プライムセントラルタワー

【お申込み方法】

・当協議会HPの「催事情報」より直接お申込みください。
 URL http://www.ukeoi.jp/event.html

【お問合わせ先】

◆社団法人全国請負化推進協議会
 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-28-3 OA第1ビル3F
 TEL:052-526-0311 FAX:052-588-9931
 URL:http://www.ukeoi.jp