労働市場の流動化とする“限定正社員”は「大手企業の総合職」から進行する

◆労働市場の流動化は「社内の総合職」から「限定正社員」へ移行する

 アベノミクスの労働政策で、“限定正社員”が話題になっています。本質的には、労働市場の流動化を目的に論議されています。しかしながら、「限定正社員」が制度化されれば、中高年の総合職は、限定正社員への転換を迫られることになるのです。それは、労働市場の流動化ではなく、社内の総合職から「限定正社員」への移行化が加速することになるでしょう。