厚生労働省は人材派遣バッシングより本質の非正規雇用問題を

◆人材派遣バッシングでは何も解決しない“非正規雇用問題”

 政府や厚生労働省は、本当に“非正規雇用問題”の解決を目指しているのでしょうか?約400万人弱を対象とする“派遣法改正”では、約2,000万人以上の非正規労働者は救われないのです。なぜ根本的な問題に目を向けず、人気取りのような“派遣法改正”に走るのでしょうか?「非正規労働者問題」を解決し、「セーフティネット」を充実させれば、派遣法改正なんて大したことではないのです。

◆本質は“労働契約”問題では?

 派遣法改正による「製造業務派遣の原則禁止」や「短期派遣の禁止」は、対外的な目先の対応です。労働契約において雇用契約自体を制限すれば、自ずと短期派遣は禁止できます。本質の論議を望むばかりです。