派遣法改正で忘れられた“パート・アルバイト”

◆派遣法改正で忘れられたバート・アルバイト

 「非正規雇用」と「格差社会」の本当の主役は派遣社員ではなく、“パート&アルバイト”なのです。労働人口も約1,500万人と推定されます。社会的風評で世の中が派遣に目が行ってしまい、政府も「派遣」を解消することで「雇用問題」が解消するような風潮です。なぜ誰も本質の非正規問題に目を向けないのでしょうか・・。

◆本質問題は「格差社会」の是正では

 派遣社員以上に冷遇されている“パート&アルバイト”は、国内全体では相当な数になります。パートだから有給休暇が認められていなかったり、仕事が無い場合は突然に無保証で休むことを強要されたり等、これらについてアルバイトにも同様の問題が発生していることを、果たして厚生労働省や政府は把握して対応をしているのでしょうか?とくに「アルバイト」は一昔前に学生のための言葉でしたが、長引く不況で、アルバイトは正社員に就けない一般の人々の働き方に代わってしまったと言っても過言ではありません。雇用形態を含め、新しい法整備が求められる時期に来ているのです。