学生派遣はナンバー交付で文部科学省管轄に(№16)

 基本的に、常時雇用労働者には当たらない学生に対しての法規制は、厚生労働省も曖昧になる嫌いがあります。 学生自身に働く喜びや働き甲斐を教えるのは、社会教育の一環と言えます。 そして、学生には学生らしいアルバイトをさせるべきです。
 近年、国内の大学に数多くの留学生が来日しています。この多くの留学生のために、働き易い制度を確立しておくことは大変重要に思います。そのためには、管轄を厚生労働省から切り離し、文部科学省に移行して、わかり易い制度運営に変える事が、まずは第一歩と考えられます。