“11月は「労働時間適正化キャンペーン(厚労省)」期間!”

◆開始された「労働時間適正化キャンペーン」

 厚生労働省は、毎年恒例の「労働時間適正化キャンペーン(11/1~11/30)」に臨みました。重点的取り組み事項は、次の3点です。
(1)時間外労働協定の適正化等による時間外・休日労働の削減
(2)長時間労働者への医師による面接指導等、労働者の健康管理に係る措置の徹底
(3)労働時間の適正な把握の徹底

◆『労働基準関係情報メール窓口』を開設

 主な実施事項のうち、今回は『労働基準関係情報メール窓口』の開設が注目されます。当該窓口は、《職場の労働時間に関する情報提供の受け付け》窓口で、Eメールでの情報提供が可能となりました。つまり、自分や知人・家族の職場において、長時間労働や賃金不払残業(いわゆるサービス残業)等の問題があった場合、メールで情報を提供することが可能となりました。

◆当該「メール情報」は情報提供のみ

 記載内容の必須事項は、(1)会社(支店・工場等)名、(2)会社(支店・工場等)の所在地、(3)労働基準法等※における問題の内容で、氏名等の記入は不要です。但し、《受け付けた情報に関する照会や相談に応じることはできません(厚労省)》とのことで、《当該情報を今後の監督指導等に活用する(同省)》との趣旨ですので、予めご承知おきください。
※労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法、作業環境測定法、じん肺法、賃金の支払の確保等に関する法律、家内労働法。
★【入力フォーム】は、下記URLよりご覧ください。
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/mail_madoguchi.html
【資料】厚生労働省公表資料。