労働政策審議会(労政審)の改正派遣法は誰のためか

◆労働者の声無き「労政審の派遣法改正案」

 人材派遣業には「派遣元」、「派遣先」、「派遣労働者」の関係者が必ず存在します。今回の労政審「答申」の根底がどこにあり、何を目指しているのかさっぱり理解できません。経済成長の為に派遣先にメリットがあるのかと言うとそうでもありませんし、派遣元にもメリットがありません。派遣労働者には本当に理解し難い「答申」です。この三者に対してメリットの無い改革に何の意味があるのでしょうか? 労政審は目的を明確にして「答申」すべきでした。民主党を含む与党は、労政審の中身の無い「答申」を有意義な制度に改革して欲しいものです。

◆「派遣法改正」の優先順位は

 一番に「労働者」に最大のメリットを、次に「派遣先」のメリットを、この2者に大きなメリットがあれば、大きな雇用の安定化に繋がります。今の労政審の「答申」では、全員が不幸になるだけです。