「登録型派遣の原則禁止」で人材派遣業界は消滅危機

◆ダメージの大きな業界は

 労働者派遣法改正案の「登録型派遣の原則禁止」で最も大きなダメージは、「事務派遣」であると思います。次に「サービスや販売系」分野が相当し、当該分野は典型的な人材派遣のため、新たに業種展開(請負化)することができない業種と考えられているからです。また、人材派遣会社自体に“請負化ノウハウ”が不足しているのも要因のひとつになっているのです。

◆事務派遣及びサービス系派遣業界も“請負化推進”はできる

 事務派遣業界やサービス系派遣は、『請負化推進のポイント』のノウハウを身に付ければ、請負化推進は難しくないのです。企業存続のピンチどころか、“ビジネスチャンス”になるのです。今こそ、これからの新しいビジネス『請負』でビジネスチャンスを掴んでください。

★【派遣法改正をビジネスチャンスにするセミナー】開催のご案内

【開催日時】
●2月17日(水)東 京 「グリーンホール(旧エッサムホール)」
 (JR神田駅より徒歩3分)
●2月19日(金)名古屋 「愛知県産業労働センター(ウインクあいち)」
 (JR名古屋駅より徒歩2分)
●2月26日(金)大 阪 「新大阪トラストタワー」
 (JR新大阪駅より徒歩5分)
【主催】株式会社OS総研
※セミナー詳細・お申込みは、以下URLより宜しくお願い申し上げます。
 http://www.os-g.co.jp/seminar/schedule_collabo1002.pdf