派遣法改正 請負 方向性 製造業

◆製造請負会社は「派遣許可」の返上を
 人材派遣会社が「請負」をしたり、請負会社が「人材派遣許可」を取得したりという曖昧さが、派遣と請負の問題を引き起こしているのです。今さらながら、「派遣」と「請負」は完全に別物です。これを曖昧にしたまま「派遣」と「請負」を混用する限り、この問題は解決しません。
 卑近な例を挙げれば、「寿司屋」でラーメンが出てきたり、「ラーメン屋」で寿司が出てきたら、誰もが“いったい何屋さん?”と戸惑います。とくに大手会社になればなるほど、その“看板”の明確化は重要です。「派遣許可の無い請負会社」は、間違っても派遣はできません。請負会社だからです。医療も病院と薬局部門を分離したように、この人材ビジネス業界も「派遣」と「請負」の分離は急務です。