派遣法改正 2013年の人材派遣業界に蔓延する「特定行為(事前面接)」に対し厚生労働省(労働局)はどう考えているのか

◆「事前面接(特定行為)」は派遣法違反

 『改正労働者派遣法』が施行され、労働者保護が強化されたにも関わらず、人材派遣業界には「特定行為(事前面接)」が慢性化しています。また、派遣先企業においても、「事前面接」を当然の如く求めているのです。「事前面接は派遣法違反」と言いつつ野放しにされている事態に、厚生労働省(労働局)はどう考えているのでしょうか?厚生労働省(労働局)は、派遣先企業や派遣労働者、そして派遣元企業(人材派遣会社)に対して厳しい指導をするべきなのです。「グレーを続ける限り人材派遣業界の発展はない」ということを、業界全体で考えていただきたいものです。