2013年 派遣法改正で派遣社員(派遣労働者)は間接雇用から“準直接雇用”に

◆派遣法改正で「派遣先企業の責任」は増加

 『改正労働者派遣法』施行により、派遣社員(派遣労働者)の保護が強化されました。それは、「派遣先企業の責任」が重くなったことを意味しています。その結果、直接雇用の契約社員と派遣社員は、何ら変わらないことに気づいている派遣先企業も増加しているのです。つまり、法改正後は、均衡待遇、教育、「雇止め」制限等の面で、直接雇用社員とは何も変わらなくなってきているのが現実です。即ち、派遣法改正により、これまで間接雇用であった派遣社員は“直接雇用化された”、と言っても過言ではないのです。

★2013年7月度「第23回 請負化推進セミナー」開催のご案内

 セミナー開催日・開催地・会場名は、下記のとおりです。時間は、各会場共通で13:30~15:30です。
 ◇7月17日(水)【福 岡】:「アーバンオフィス」(第1会議室)
 ◇7月23日(火)【東 京】: 「八重洲ダイビル貸会議室」(第2会議室)
 ◇7月25日(木)【大 阪】:「ラソンテ貸会議室」(E・F会議室)
 ◇7月26日(金)【名古屋】:「名古屋会議室プライムセントラルタワー」(第6会議室)

【お申込み先】

 ・お申込み詳細は、当協議会HP http://www.ukeoi.jp/ をご参照ください。
 ・尚、受付は定員になり次第、締め切らせていただきます。

◆社団法人全国請負化推進協議会

 〒450-0002 名古屋市中村区名駅2-28-3 OA第1ビル3F
 TEL:052-526-0311 FAX:052-588-9931
 E-mail:jimukyoku@ukeoi.jp
 URL :http://www.ukeoi.jp