人材ビジネス業界にはマイナスの“労働者派遣法”の停滞

◆改正と言われつつ法制化されない「労働者派遣法」

 従前の自公政権も、今の民主党連立政権も、“労働者派遣法改正”は棚上げになる公算が高くなってきました。それに対して、人材派遣会社では安堵している企業も少なくないものと推察しています。しかし、そうではなく、改正論議が復活してくれば派遣先企業はまた不安に陥り、派遣を拡大することはないでしょう。また、派遣で働いていた人々による「派遣はイヤ」の風土が、派遣を拡大させることも無いでしょう。

◆中途半端な「派遣法改正」で雇用不安に

 政府の「改正するぞ、改正するぞ」では、“オレオレ詐欺”と同じです それが、雇用を不安定化させていることを理解して欲しいものです。