2013年 派遣法改正で派遣先企業が注意すべきは「離職後1年以内の派遣労働者の受け入れ」

◆派遣先企業の受け入れで注意すべきは「離職後1年以内の派遣労働者の受け入れ」

 『改正労働者派遣法』施行に伴い、派遣先企業が注意すべき点は、直接雇用した労働者の「派遣労働者としての受け入れ」です。また、離職については事業所ではなく、「事業者」が禁止対象です。例えば、隣の事業所で1日だけ働いた労働者を派遣労働者として受け入れた場合、派遣法違反となるのです。今後、派遣労働者を受け入れる派遣先企業は、他の事業所を含め、“会社全体での雇用管理”が不可欠になるのです。なぜなら、改正派遣法で、「離職後1年以内の派遣労働者の受け入れは禁止」されているからです。