2013年のポイント 派遣先企業は派遣法改正による“均衡待遇(派遣労働者保護)”に悩まされる

◆“派遣労働者の保護と均衡待遇”

 2012年の『改正労働者派遣法』施行により、“派遣労働者の保護”が強まってきています。しかし、その概念は漠然としていて、具体的に何を求められているのかが充分理解されていないように見受けます。中でも一番理解されていない事項に“均衡待遇”があります。しかし、これは「同一価値労働同一賃金」を求めている訳ではないのです。また、均衡待遇は厚生労働省(労働局)に対する問題ではなく、“対労働者”との労務問題に発展することになる問題なのです。「均衡待遇で何を求められているのか」を正しく理解していただきたいのです。